2017年05月31日

居酒 勇介 五井駅近くの魚介が美味い居酒屋

千葉県は市原市のJR五井駅からほど近くにある居酒 勇介。


仕事で市原市を訪れる予定があったので、五井から通っている会社の同僚からリサーチした数軒の中で店構えが一番良い雰囲気だったので、お店のオープン時間すぐの17:15に入ってみた。

店内はカウンターと堀りのある座敷。
座敷にはざっと30名弱は入れるので、ちょっとした宴会には良さそうです。

まずは生ビールを注文。

料理は定番メニューに加えて、本日のおすすめは黒板に。
IMG_9736.jpg
ちょっと写真がボケてしまったけど、日本全国から厳選された旬の素材を使った料理が並びます。

こちらの板さんは、以前築地界隈で仕事をしていたらしく築地に仕入れルートがあるとのことで、毎朝築地に仕入れに行くので全国の美味しい魚を仕入れられるとのことです。


この中から、まずは枝豆と勝浦の鰹刺し、そして稚鮎の新引き揚げを注文

勝浦の鰹刺し
IMG_9739.jpg
この時期なので初鰹です。
初鰹らしく、さっぱりして生姜・みょうがとの相性抜群です。


ビールを早々に飲み干したので、次は日本酒を。
せっかく千葉に来たので、千葉県産のお酒を注文です。

千葉県の県北の香取市で作られている五人娘というお酒です。
IMG_9741.jpg

勝浦の初鰹には千葉のお酒が良くあいます。


稚鮎の新引き揚
IMG_9740.jpg
こちらも季節のものですね。
腸の若干の苦みもアクセントになり、お酒が進みますね。


冷やの五人娘をちびりとやりつつ、目の前に黒板をずっと置かれっぱなしなので、追加で魚を頼みたくなり、松輪のしめさば、関のイサキ、閖上の赤貝を三種盛りで追加。

IMG_9742.jpg


三浦半島の松輪さば。九州だったら生で出してくれるんだろうけど、関東はしめさばで供されます。

関のイサキもさることながら、閖上の赤貝がこの上なく美味い。
東日本の大震災で壊滅的な被害を受けた名取市にある閖上地区ですが、震災前から美味しい赤貝の産地でした。

震災からの復興し、また美味しい赤貝が食べれるようになり、大変うれしく思いますし、閖上の漁業関係者の努力にはほんと頭が下がります。


刺身の三種盛りが出てきたので、好みを伝えておすすめの日本酒を聞いたところ、岡山の燦然を勧められました。

おすすめされたお酒 岡山の「燦然」
IMG_9743.jpg
最古の酒米といわれている雄町米で仕込んだ岡山のお酒です。
どっしりとして日本酒らしい飲み口で、私は気に入りました。


酒も魚も美味しくて良い感じに酔ってきたので、そろそろ〆ということで、稲庭うどんを注文しました。

〆は稲庭うどん
IMG_9744.jpg
時期的に冷たいうどんとなりましたが、温かいうどんも出してくれるんでしょうか。
稲庭うどんは〆にはちょうど良いですね。


お店に入る時にはまだまだ明るかったんですが、会計を済ませるころにはほんのり夜のとばり
がおり始めてたので、店先に蚊取り線香が焚かれてました。

IMG_9745.jpg


蚊取り線香の香りが初夏らしい雰囲気で、気持ち良くお店を後にしました。


【評価】
料理 : ★★★★☆ (★ 4/5 旬の魚が食べれるうえ、全国各地のお酒を揃えている良店です)
雰囲気 : ★★★★☆(★ 4/5 落ち着いた雰囲気の店内と、酒・肴の知識が豊富なスタッフが居るのでお任せでも良いかもです)

居酒 勇介
千葉県市原市五井中央西1-13-16
0436-23-9980

posted by momiwa at : 12:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年05月20日

日本橋室町・コレド室町にある【SHIKOKUバル 88屋】

コレド室町の「日本橋 墨之栄」をあとしたのち、コレド室町内には、他にどんなお店があるのかと、ブラブラ歩いていて見つけたお店【SHIKOKUバル 88屋】

四国の食材を扱ったお店です。

店員さんがイイ笑顔で「どうですか?」と言われたのと、バルということで、ほんと軽く酒飲んで帰るかぁとなり、入ってみることに。


メニューを見ていると、都内を探して探して、見つからなかった愛媛・松山の道後温泉横で飲んだ「道後ビール」があるではないか!

道後温泉でお湯を浴びた後に飲んだ「道後ビール(ケルシュ)」の美味さが忘れられなかったので、店員さんにケルシュかどうかを確認して、道後ビールをオーダー。

DSC_5663.JPG

こちらのコンディションも含めて、さすがに道後温泉の風呂上がりで飲んだ、出来たての道後ビールの味とは比べるべくもないが、あの綺麗なゴールド色した道後ビールのケルシュはまぎれもなく、日本の美味しい地ビールの1つでした。

日本橋 墨之栄で食べたあということもあり、つまみは簡単に汲みあげ豆腐とじゃこアスパラ(だったかな?)。
DSC_5664.JPG

その後、追加でフライドポテトと、相方が締めに頼んだ小豆島のオリーブを素麺に練りこんだオリーブ素麺。

ほんとはカツオのたたきを頼みたかったんだけど、既に売り切れでした。


こちらの88屋。
何が良いって、店員さんの笑顔がメチャクヤ良い。
モミーは比較的店員さんと積極的に話すタイプだけど、店員さんが笑顔で接客してくれないと、とたんに態度に出て、気持ち良く酒を飲めなくなるので、気持ちの良い笑顔で接してくれるのは高得点。

しかも料理も美味しいし、価格的にもそれほど高くもないので、コスパ的にもかなり良いですね。


コレド室町は夜遅くまでやっているので、なにかと使い勝手が良いですが、コスパが良いこの88屋はちょっと通ってしまいいそうなお店です。


シコクバル88屋郷土料理(その他) / 三越前駅新日本橋駅小伝馬町駅

夜総合点★★★★ 4.0

posted by momiwa at : 19:27

2014年05月19日

日本橋室町・コレド室町にある【日本橋 墨之栄】

日本橋室町に最近グランドオープンした「コレド室町」には種々雑多な飲食店が入っている。

和食だけをとってみても、寿司屋、もつ鍋屋、魚介中心の居酒屋、おなじみの高級とんかつ屋etc・・・。和食以外に目を移せば、中華、スペインバル、メキシコ料理、ベルギービールのビアカフェ・・・。日本全国から世界の料理まで。料理に加えてスイーツのお店もあったりと、コレド室町ならなんでも食べられるんじゃないかというほどの充実ぶり。

ここコレド室町には日本橋界隈には珍しくシネコンが入っていて、週末はオールナイト営業ということもあり、コレド室町に入っている飲食店も週末はかなり遅くまで営業しているそうなので、周辺含めて日本橋界隈を開発している三井不動産が目指す大人の街・日本橋復権の本気度が見えてくる。


そんな話題のコレド室町で1軒目にチョイスしたのが、日本全国から美味しい魚が届く「日本橋 墨之栄」。


DSC_5660.JPG


最近は、こういう漁師料理のお店、魚屋風?番屋風?なお店って増えてますね。
結構各所で目にします。

日本酒にこだわりがあるみたいで、メニューには日本全国の銘酒が載ってました。


お通しです。
DSC_5654.JPG

生でもイケる鮮度抜群のイカの切り身と肝です。(1人前480円)

生でもイケと言われたので生で食べたけど、塩が効いてない塩辛です。
個人的には火を通しす、生食のほうが好きですね。無類の塩辛好きだからかもですが。


オーダーを取る際に、今日のオススメの魚を紹介してくれます。
店員のおねーさんがザルに盛られた魚を親切に紹介してくれるんですが、魚まるまる1匹で4,000円のブリとかそんなんばっか薦めてくる。

調理方法は半分刺身で半分煮付けでどうですか?とか。

ここはブリ屋かい! 2人客でブリだけでおなかいっぱいになっちゃうよ! ってことで、じっくり酒を飲みたかったこともあったけど、簡単なツマミだけにしてみた。


ビールを飲みほしたので、日本酒に。
こちらのお店が薦めてた石川県の地酒「天狗舞」の女将別撰純米生酒をチョイス。
DSC_5656.JPG

純米酒だけど、生酒のせいか、非常にフルーティーで飲みやすいお酒でした。

つまみは七厘で炙る小女子と三陸産のカキ。

DSC_5655.JPG
(カキの写真は撮り忘れた・・・)

カキは濃厚でとろける美味さでした。
津波にながされてから3年。よくぞここまで復活していただきました。
三陸産の食材はこれからも応援していきたいです。

場所柄か全体的にお高めだけど、魚は鮮度も良くて美味しかったです。
お酒も全国からこだわりの銘柄を取り寄せているので、もっと色々と試したかったけど、相方が酒飲まないのと、翌日仕事ということもあり、本日はこれにてタイムアップです。

お財布が分厚い時にまた来たいと思います。

日本橋 墨之栄居酒屋 / 三越前駅新日本橋駅日本橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0


posted by momiwa at : 15:34